マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「NEXT GAFAM」を担う日本企業12社 ソニー、任天堂、SB、キーエンス等

2022年2月7日 19:00 週刊ポスト

日本経済の牽引役となる企業は?(写真は左からファーストリテイリング・柳井正氏、ソフトバンクグループ・孫正義氏、日本電産・永守重信氏/時事通信フォト)
日本経済の牽引役となる企業は?(写真は左からファーストリテイリング・柳井正氏、ソフトバンクグループ・孫正義氏、日本電産・永守重信氏/時事通信フォト)

 日本には「世界シェア1位企業」が数多く存在するが、武者リサーチ代表の武者陵司氏は特に12社の企業が“リーダー”として日本経済を牽引していくと見る。次の「GAFAM」を担う日本のリーディングカンパニーはどこか。武者氏が解説する。

 * * *
 多くの人々が、インターネット社会になり「GAFAM(*)」に支配されたと考えています。しかし、ビジネスで競合しており高収益も永遠ではありません。またデータの独占的専有や周辺分野の買収は、独占禁止法により制約される恐れがあります。

【*GAFAM/米国の世界的IT企業「グーグル(G)」「アマゾン(A)」「フェイスブック(F)=現メタ」「アップル(A)」「マイクロソフト(M)」の5社の頭文字を取った略称】

 焦点はより人間的なイノベーションに移っていて、プラットフォームに流れるコンテンツが大事です。世界に対抗できるビジネスモデルを持ち、日本の将来を託すのに十分な資格を持つ企業が台頭していると考えます。

 そこで、「NEXT GAFAMを担うリーディングカンパニー」の12社を選抜しました。選抜の基準は、「時価総額が国内トップ20に入っている(2021年末)」「世の中の変化を先取りするビジネスモデルや企業理念を持つ」などです。

 まずは時価総額約16兆円を誇るソニーグループ。数年前にパソコン部門を売り払いましたが、半導体部門は死守しました。「感動を届ける」を企業の使命として掲げ、劇的なV字回復を果たしました。映画やゲーム、音楽などのコンテンツから、それらを伝える技術まで持つのがソニーであり、そのことを可能にするのが自社の半導体技術です。ソニーは極めて一貫しており、そのようなビジネスモデルを確立した企業は世界に例がない。

 同様に、ハード・ソフトの両面で強みを持つのが任天堂で、今や海外売上比率が8割超のグローバルプレーヤーです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。