マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ禍で中華料理店が開店ラッシュ 本場感強い“ガチ中華”で人気に

2022年2月11日 7:00 週刊ポスト

西川口駅周辺は今や“新・中華街”と化している
西川口駅周辺は今や“新・中華街”と化している

 現在、東京・豊島区の池袋駅北口エリアでは、コロナ禍にもかかわらず、中華料理店の開店ラッシュが起き、“新・中華街”として人気スポットになっている。その多くが中国人による経営で、これまでの日本人好みにアレンジされた中華料理ではなく、本場感が強い中国人向けの“ガチ中華”が食べられるとして、在日中国人だけでなく、日本の若い世代からも注目されている。

 横浜や神戸の中華街と異なり、すべてが中華一色ではなく、日本の飲食店や物販店に挟まるように混在するのが“新・中華街”の特徴だ。

 池袋駅北口と同様に、“新・中華街”と化しているのが埼玉県川口市の西川口駅周辺だ。かつて西川口駅周辺には違法な風俗店が軒を連ねていたが、2000年代後半に警察が一斉に摘発し、空き店舗になった。そこへ中華料理店が続々と入るようになったという。

 コロナ禍をものともせず、やはり中国語の簡体字で書かれた看板がそこここにある。

 日系の大衆食堂チェーンが抜けた後のテナントにも、昨年12月に中国系の中華料理店がオープンしていた。鴨の頭や舌などの煮付けが名物のようだ。近くで立ち飲み屋「かんづめや」を営む日本人店主はこう語る。

「ここ2年ほどコロナ禍でもぽつぽつと新しい中華料理店が出ていますね。看板も、開店を知らせるチラシも中国語。我々は看板の『鴨』って字しか読めないけど、このあたりは中国人向けの鴨料理の店が多い。普通のラーメンを出す店を探すほうが難しいよ。不思議なのが、コロナもあって西川口は20時すぎたら人気も少ないし、昼間は地元民しかいない。それでも中華料理店はもっているし、新規開店できるのがすごいよね」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。