マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【ドル円週間見通し】地政学的リスク増も米金融引き締めの思惑は残る

2022年2月27日 8:00 マネーポストWEB

今週のドル円はどう動く?
今週のドル円はどう動く?

 投資情報会社・フィスコが2月28日~3月4日のドル円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル円は底堅い値動きか。ロシアによるウクライナ攻撃は首都キエフを含めたウクライナの主要拠点を制圧した後も続く可能性があり、ウクライナ情勢の混迷が深まるなか、主要国の株価続落ならリスクオフのムードで主要通貨に対して円が選好される地合いが続きそうだ。ただ、安全逃避的なドル買いも引き続き観測されており、ドルは対円でも下げづらい展開が予想される。ロシアのプーチン大統領は2月21日、ウクライナ東部にある親ロシア派2地域を独立国家として承認し、欧米は対ロシア制裁に踏み切った。市場では平和的な解決が見込まれていたが、外交努力への期待は後退。ロシアは24日、ウクライナへの軍事侵攻を開始した。ウクライナ問題の泥沼化によって安全通貨とみなされているドル買いはしばらく継続しそうだ。

 一方、米連邦準備制度理事会(FRB)は金融正常化の基本方針を変えていないとみられる。ロシアによるウクライナ攻撃が金融市場に与える影響を考慮しつつ、3月の利上げサイクル入りの可能性は高いとみられる。3月4日発表の2月雇用関連統計で労働市場の活性化が確認された場合、3月15-16日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)に向けドル買い基調が強まるだろう。

【米・2月ISM製造業景況指数】(3月1日発表予定)
 3月1日発表の米2月ISM製造業景況指数は58.0と、前月の57.6を小幅に上回る見通し。節目の50を大きく超えるものの、市場予想を下回った場合、経済成長の鈍化が意識されそうだ。

【米・2月雇用統計】(3月4日発表予定)
 3月4日発表の米2月雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+40.0万人、失業率は3.9%の見通し。市場予想とおおむね一致し、米雇用情勢の改善が確認された場合、金融正常化を期待したドル買いが強まる可能性がある。

「FX」関連記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。