マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

がん治療「標準治療」ならいくらかかるのか 入院中の雑費や交通費も考慮を

2022年3月24日 15:00 女性セブン

標準治療はいくらかかる?
標準治療はいくらかかる?

 2人に1人はがんになる時代。がんが見つかった場合、まずは公的医療保険適用の標準治療を受けるのが一般的だ。標準治療というと、“平均的で普通の治療”と考える人は多いかもしれない。だが、実際はそうではなく、エビデンス(治療法がよいと判断できる証拠)のしっかりした、現状での最高治療法なのだ。これらの治療は本来は高額だが、保険適用と高額療養費制度により患者の負担額は軽く済む。

 高額な治療費の負担がかなり軽くなる「高額療養費制度」と「限度額適用認定証」とはどういう制度なのか。その内容を見ていこう。収入ごとのひと月の負担上限額については、別掲の表を参考にしてほしい。

高額療養費制度とは

 公的医療保険の被保険者・被扶養者が対象で、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、超過分があとで払い戻される制度。

 たとえば、年収約370万~約770万円の世帯なら、医療費が100万円かかったとしても支払う額は8万7430円で済む。ただし、申請の必要がある。方法は、各自が加入している健康保険組合、全国健康保険協会、市町村(国民健康保険、後期高齢者医療制度)、国保組合、共済組合に問い合わせ、申請用紙に記入し提出する。

 NPO法人「がんと暮らしを考える会」理事長・看護師の賢見卓也さんが指摘する。

「診察月から払い戻しまでは、少なくとも3か月ほどかかる点と、診療を受けた月の翌月1日から丸2年間で高額療養費申請の期限が切れる点には注意が必要です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。