マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ソニーの海外進出、盛田昭夫氏は「すべて任せる」と“若造”出井伸之氏を派遣した

2022年4月11日 16:00 マネーポストWEB

元ソニーCEOの出井伸之氏は「盛田さんは肝が据わっていたなと今でも思っています」と振り返る
元ソニーCEOの出井伸之氏は「盛田さんは肝が据わっていたなと今でも思っています」と振り返る

 井深大氏とともにソニーを創業した盛田昭夫氏は、独自の働き方哲学を持っていた。それを直接学んだのが、元ソニーCEOで、現在は84歳の経営者である出井伸之・クオンタムリープCEOだ。新刊『人生の経営』が話題の出井氏が、盛田氏の指令でソニーの海外法人を作った当時のことを振り返る。

 * * *
 僕がまだ31歳で、入社して10年も経っていなかった頃の話です。当時、社長だった盛田さんから突然、社長室に呼ばれました。行ってみると同じくソニーの若手社員だった並木政和さん、水嶋康雅さんの2人がすでに来ていた。何なんだろうか、と訝っているとやおら盛田さんが、

「並木はイギリス、水嶋はドイツ、出井、お前はフランス。3人で協力してそれぞれの場所に現地法人を作ってきなさい」

 3人がそれぞれ指示された国に行って、現地法人を作ってこいと言うのです。本当に「えっ?」て感じですよ。僕はまだビジネス経験の少ない“若造”だったんですから。

 でも、盛田さんは本気だった。盛田さんは、現地の代理店を通じてソニー製品を販売するのではなく、自社の販売会社から小売店に直接製品を売りたかった。そのためのソニー100%出資の現地販売会社を「お前たちが作ってこい」と言うのです。

 しかし、入社10年未満の社員にすべてを任せるというんですから、盛田さんは肝が据わっていたなと今でも思っています。なかなかできることではない。他の会社なら、31歳の“小僧”にそんなチャンスなんてくれないでしょう。盛田昭夫という経営者の非凡さが表れています。

 盛田さんは、敗戦からまだわずか14年しか経っていない昭和34年(1959年)に、家族を連れてアメリカに渡り、ニューヨークでの生活を始めています。ここには海外進出に対する盛田さんの考え方が表われていて、

「海外に進出するならば、その国のインサイダーにならなければダメだ。インサイダーになるには、まず現地法人を作って、その国の人を雇え。雇うからには一流の人間を雇え。だから、一流の人が来てくれるような会社を作らないとダメだ」

 というものでした。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。