マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

盛田昭夫さんが語った「新しい部署に行ったら自信満々でいろ」の真意

2022年4月8日 7:00 マネーポストWEB

元ソニーCEOの出井伸之氏が振り返る
元ソニーCEOの出井伸之氏が振り返る

 井深大氏とともにソニーを創業した盛田昭夫氏は、独自の働き方哲学を持っていた。それを盛田氏から直接学んだのが、元ソニーCEOで現在84歳の経営者である出井伸之・クオンタムリープCEOだ。新刊『人生の経営』が話題の出井氏が、盛田流キャリア論を振り返る。

 * * *
 会社って、実は可能性の宝庫なんですね。皆どこかで、定年までのルートが決まっているのが会社員だと思っていますが、それは大きな間違い。会社員の社歴は“ワン・アンド・オンリー(唯一無二)”で、本人次第でいくらでも変わっていく。

 ソニー時代、僕の秘書だった女性が諸般の事情で「会社を辞める」と言い出したことがあります。辞めるのはもったいないから、「今までとは関係のない部署で働いてみたら?」と提案して、彼女は「生産管理」に異動することになりました。しばらく経って、「どう?」と聞いてみたら、「こんな面白い仕事がソニーにもあったんですね」って、失礼なことを言うんです(笑)。彼女はその後、また秘書部に戻って、秘書のトップになりましたけどね。生産管理に精通している秘書ってカッコ良くないですか?

 このように、会社は可能性の宝庫です。だから、どんどん手を挙げて越境すればいい。部署を替えて、新しい仕事に挑戦するのは、“起業”に近いと思いませんか。

 今の会社を辞めて起業すれば、何もかもリスクを自分一人で背負わねばなりません。しかし、サラリーマンなら会社が楯になって守ってくれる。サラリーマンだからこそ冒険できるのです。さまざまな経験を積むことによって、自分のバリューを高めていくこともできるのです。サラリーマンは、冒険ができる素晴らしい職種なんですよ。

 ずっとサラリーマンをしていると、自分がいる環境が当たり前になってしまって、気づかないものですが、大企業でサラリーマンというのは経済的にも法律的にも、ベンチャー企業にいたら得られないさまざまな恩恵を受けています。その恩恵を受けながら、ベンチャー起業家のように社内で起業する、あるいは社内で転職するというのは、ローリスクで大きなリターンを得られるということです。

 だから、むしろ積極的に“社内起業”“社内転職”しないと損だと思います。50代、60代でもまだ間に合います。この年代になると、サラリーマン人生の先が見えてきますが、見えてきたからこそ、一念発起して、レールからはずれてみてもいいのではないでしょうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。