マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ホンダとソニーをつなぐ創業者の開拓精神とEV協業のその先

2022年3月26日 7:01 週刊ポスト

ドイツでホンダのスポーツカーを紹介する本田宗一郎さん(写真は1963年。dpa/時事)
ドイツでホンダのスポーツカーを紹介する本田宗一郎さん(写真は1963年。dpa/時事)

 HONDAとSONY。日本が世界に誇る自動車メーカーと電機メーカーの両雄が手を組み、次世代EV(電気自動車)事業で戦略的提携することを電撃発表した。夢のタッグの実現には、70年越しに結び直された創業者同士の絆があった。【前後編の後編。前編を読む】

本田がソニー本社を訪ねた

〈本田さんは、私にとって、かけがえのない兄貴であり、先輩でありました〉──井深大は本田宗一郎が亡くなった1991年に刊行した著書『わが友 本田宗一郎』で2人の友情をそう綴っている。

 ホンダとソニーの創業はともに昭和21年、敗戦の翌年である。

 自動車整備工場で修業した本田は浜松の町工場で自転車に50ccの小型エンジンを取り付けた「バタバタ」と呼ばれるモペットを考案し、大ヒットさせた。それが二輪事業に乗り出すきっかけとなる。本田はこう述懐している。

「だいたい、あれ(エンジン付き自転車)なんか、ヤミ米を運ぶために僕はつくったんだよ(笑)」(「実業の日本」2002年3月号/1959年の井深との対談の再構成記事)

 その頃、井深は東京・品川に創業した「東京通信工業」(ソニーの前身)で電気炊飯器などの開発に取り組んでいた。

〈電気炊飯器といっても、木のおひつの底にアルミの電極をつけただけというしろものです〉(前掲著書)

 この電気炊飯器がソニーの失敗第1号となる。

 戦後の混乱期、柔軟で独創的な発想で商品開発に挑み続けた2人が最初に会ったのは、ソニーがトランジスタ(半導体)ラジオの生産に成功し、飛躍を始めた頃だ。井深が著書でそのときのことを振り返っている。

〈本田さんが、若い人を三、四人連れて、エンジンの点火技術のことで、ソニーの本社を訪ねてこられました。エンジンを点火するのに、トランジスタ(半導体)が使えないかという相談でした。(中略)そのころ自動車やオートバイにかかわっていた人で、車に半導体を使おうと考えた人は、おそらく本田さんひとりだったのではないでしょうか〉

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。