マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「急逝で口座凍結され…」神田川俊郎さん“未解決の4億円相続問題”長男が明かす真相

2022年4月11日 6:01 女性セブン

大阪の一等地に建つ「神田川本店」の不動産相続の行方はどうなるか
大阪の一等地に建つ「神田川本店」の不動産相続の行方はどうなるか

“関西料理界のドン”神田川俊郎さん(享年81)が新型コロナで急逝して1年が経とうとしているが、「遺産相続をめぐってトラブルになっているのでは」という噂が流れている。というのも、億単位の不動産の相続がまだ済んでいないというのだ。神田川さんは3度の結婚と離婚を繰り返していて、複雑な家族関係が背後にかかわっているのではないか、と言われているが、はたしてその真相は──。【前後編の後編。前編から読む

 関西イチの繁華街にある数億円の土地をめぐる遺産相続問題。3人のきょうだい、そして愛弟子たちの間でトラブルになっているのだろうか。神田川さんの長男であるA氏の自宅を訪ねると、家族関係が複雑なことは認めた上で、「トラブルではないんです」と打ち明ける。

「驚くかもしれませんが、神田川本店は会社で経営しているのではなく、父が個人事業主として店を経営していたんです。つまり、お店の光熱費や固定費、従業員の給料もすべて父の個人口座から引き出されていました。しかし、父が新型コロナの影響で突然亡くなって、銀行口座が凍結されてしまったんです。運営資金の一切が使えなくなっていました。

 そこでぼくが自己資金を投入したり、とにかくまずは店を立て直すことが先決だということで、相続の話し合いが後回しになっていた部分はありました」(A氏・以下同)

 大阪市内に3店舗、少なくない人数の従業員を抱えているのにもかかわらず、個人事業主だったとは意外だ。さらに、店はコロナ禍のあおりを受け、売り上げも大幅に減少。経営は芳しくなかったようだ。むしろ、A氏や次女が店を継ぐことは“火中の栗を拾う”ような選択で、従業員たちから懇願されたという。

「皆さんは莫大な遺産があると思っているのかもしれませんが、そんなにありません。むしろ借金もかなりありますから。そもそも、ぼくは店を継ぐつもりはなかったんです。生前、父からはやってくれと言われていましたが、ずっと断っていました。財産放棄も考えました。でも、従業員のみんなに後押しされて……ぼくと姉にやってほしいという思いをぶつけてくれたんで、みんなのためにも継ぐことに決めたんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。