マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「値上げ地獄」にどう対抗する? 輸入ワインは値上げ顕著でも大量まとめ買いはNG

2022年4月22日 15:00 週刊ポスト

5月以降の主な商品の値上げスケジュール
5月以降の主な商品の値上げスケジュール

 4月から食料品や日用品、光熱費などの値上げが相次いでいるが、“値上げ地獄”はまだ始まったばかりだ。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏が解説する。

「ウクライナ情勢による本格的な値上げラッシュはこの先の5~6月以降となるので、まだ“入り口”と考えておいたほうがいいでしょう。生活必需品や身近な嗜好品などの値上げがすぐそこまで迫っています。小麦はもちろん、カップラーメンや輸入ワインなどは軒並み10%近い値上げが予定されています」

 主な商品の詳しい値上げの予定は別掲の表に示したが、身近なレトルト食品や即席麺なども軒並み値上げが予定されている。丸山氏は、「今のうちに買いだめしておくのが望ましい」と説く。

「例えば小麦は政府が一括で輸入してから製粉会社などに卸す仕組みですが、その間に“タイムラグ”がある。現時点でまだ値上げされていない商品も多いので、普段から使う食料品や日用品は半年から1年分ほどまとめ買いしておけば、当面は影響を受けずに済みます」

 ただ、何でも闇雲に買いだめすればいいというわけではない。

「基本的に買いだめしてよいのは『定番品』です。腐らなくて賞味期限が長く、かさばらず、嗜好品ではないもの。最近は地震が頻発していますし災害時に非常食になるものがおすすめです。保存が利くものでも賞味期限は半年から1年ほどなので、ひとまず半年分ほど買いだめする。賞味期限が近づいたら食べて、また買いだめする『ローリングストック』が効率的です」

“せいぜい数%の値上げだろう”と思う人もいるだろうが、そうした「1円」を甘く見る考えがこれからは通用しなくなる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。