マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

イーロン・マスク氏率いるテスラ 名実ともにトヨタを超える日は近い

2022年4月26日 6:00 週刊ポスト

飛躍的な成長を遂げるテスラの電気自動車(写真/共同通信社)
飛躍的な成長を遂げるテスラの電気自動車(写真/共同通信社)

 2022年版の世界長者番付では2190億ドル(約26兆9100億円)で初の1位に輝いたのが、米電気自動車テスラのCEOイーロン・マスク氏(50)だ。

 市場では、テスラの株価は2026年までに4倍強の4600ドルに達するとも予想されている。現在の時価総額は100兆円にのぼり、トヨタ自動車の36兆円をはるかに上回る。2021年の世界販売台数はトヨタが1000万台超とテスラの93万台を大きく引き離し、トヨタは電気自動車でも2030年に350万台の販売目標を掲げているものの、名実ともにテスラがトヨタを超える日も近いと言えるのだろうか。

 2014年にマスク氏を取材したジャーナリスト・大西康之氏はこう話す。

「販売台数というのは過去の話で、時価総額は未来の話。そう考えると、テスラは未来の尺度のもとでトヨタに勝っていると言えるでしょう。

 そもそもトヨタとは競っている次元が違う。マスク氏もテスラも自分たちのことを自動車メーカーではなくエネルギーや環境問題を解決する会社だと思っている。アメリカでは、テスラの自動車を購入する人たちは必ずと言っていいほど、ソーラーパネルと蓄電池をセットで買っています。彼らにとって自動車はそれらのように地球環境問題を解決するデバイスのひとつなのです」

 かつてハリウッドのスターがトヨタの「プリウス」でレッドカーペットに乗りつけ、それが環境問題に先進的に取り組んでいることの“象徴”だった時期もあるが、完全に取って代わられたという指摘である。

 経済アナリストの馬渕磨理子氏はマスク氏の経営手腕に期待を寄せる。

「試作品を作るスピード感が他の経営者と比べてずば抜けており、投資家の支援や共感を集めやすい。『人類の未来に最も貢献できる事業は何か』という視点で、あらゆる事業をスタートさせ続けているのも革新的です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。