マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

ふるさと納税返礼品の最新人気ランキング 1位は南あわじ市のブランド新玉ねぎ

2022年5月5日 15:00 女性セブン

ふるさと納税で注目を集める特産品の数々(写真は南あわじ市のブランド新玉ねぎ)
ふるさと納税で注目を集める特産品の数々(写真は南あわじ市のブランド新玉ねぎ)

 人口減少による税収減の緩和や地方と大都市の格差是正を目的に実現した制度「ふるさと納税」は、発足時の受入額こそ81.4億円で低迷していたものの、2015年度から急上昇に転じ、2020年度実績では約6725億円と前年度比約1.4倍となった(2021年発表の総務省データによる)。

 さまざまな“お礼品”は、ふるさと納税の大きな魅力だが、なかにはユニークなものもある。ふるさと納税サイト『さとふる』広報の井田尚江さんが紹介する。

「青森県むつ市のホタテ加工事業者が、2021年の下北豪雨からの復興アイディアとして『ホタテ水着』をお礼品に登録したところ、これがSNSで“遊び心がある”と話題に。むつ市全体への注目度も上がるなどの波及効果を生んだのです」

 つまりアイディア次第で、ふるさと納税は地方の貴重なPRの場にもなるというわけだ。

「さらにいえば、福岡県の朝倉市が2017年の九州北部豪雨で被災したことがありましたが、その際、ふるさと納税でお礼品なしで集まった寄付金が復興に充てられたのも記憶に新しいところ。こうした災害支援は熊本地震やその他の被災地に対しても行われるようになり、最近ではウクライナ人道支援の寄付をふるさと納税で募る自治体も登場しています」(井田さん・以下同)

 どんなお礼品が人気となるのだろうか。

「たとえば、『お礼品の種類を増やして登録する』とか『少しでも利用しやすく工夫する』、『情報発信を積極的に行う』など単純で小さな積み重ねが大事。どの地域にも伸びしろとチャンスはあるのです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。