マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

高齢ペットにも終活問題 “予期せぬ時”に備える保険、葬儀、お墓、骨壷

2022年5月16日 15:00 週刊ポスト

愛するペットを見送る方法も多様化(写真は日比谷花壇のペット葬)
愛するペットを見送る方法も多様化(写真は日比谷花壇のペット葬)

 ペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査(2021年)によると、犬の平均寿命は14.65歳、猫は15.66歳。平均寿命は犬猫ともに2010年以来、最長を記録している。そして、ペットも人間同様、加齢に伴い、様々な病気のリスクが高まる。

 当然、嵩んでくる医療費は、切っても切れない問題だ。そうした時への備えとして「ペット保険」がある。マネーステップオフィス代表でファイナンシャルプランナーの加藤梨里さんが話す。

「医療費を補償するペット保険は、保険会社によって新規に加入できる年齢はまちまちです。8~10歳を上限とする保険が多いですが、アニコム損害保険の『どうぶつ健保しにあ』は8歳以上のシニア期の犬・猫に特化し、加入年齢に上限がありません。保険料は補償内容、補償割合、限度額などによって異なり、かかった医療費の50%、70%を保険金として受け取るプランが標準的です。補償割合が90%、100%の保険もあります。補償範囲が入院・手術だけか、通院も含めるのかも保険プランによって異なるので注意してください。

 6月から、販売される犬・猫のマイクロチップ装着が義務化されますが、マイクロチップを装着している犬・猫を対象に『マイクロチップ割引』を適用する保険会社もあります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。