マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

空き家になった実家のリスク 不法侵入、動物住みつき、犯罪の温床…トラブル多数

2022年5月20日 15:00 週刊ポスト

 出費を惜しんで、庭の草木が伸びようが、台風で家屋が壊れようが、住まないのだから関係ないと放っておくと、さらに深刻な事態を招く。

 2015年に「空家対策特別措置法」が施行され、倒壊など保安上の危険が生じたり、衛生上有害だったり、景観を損なったりする家屋を、自治体が「特定空家」に認定し、所有者に管理の助言や指導、勧告を行なうことになったのだ。

「勧告を無視して放置し続けると、所有者は50万円以下の過料を科せられ、家は自治体の判断で強制撤去になり数百万円の解体費用を請求されます。国交省の公開情報によれば、2019年度に強制撤去(行政代執行)した例は全国で28件ありました」(同前)

※週刊ポスト2022年5月27日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。