マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

スシロー値上げに「そもそも安い」と容認するファン 回転寿司「1皿120円」時代に突入か

2022年5月22日 15:00 マネーポストWEB

スシローの値上げ発表に他の回転寿司チェーンも続くか?(写真/AFLO)
スシローの値上げ発表に他の回転寿司チェーンも続くか?(写真/AFLO)

 ロシアのウクライナ侵攻の影響もあって、原材料費や物流費が高騰し、多くの外食チェーンが値上げせざるを得ない状況にある昨今。1984年の開業以来、“最低価格・税別100円”を貫いていた回転寿司チェーンの「スシロー」も値上げを決断した。

 スシローを運営するフード&ライフカンパニーズは5月9日、スシローの一部メニューを10月1日から10~30円値上げすると発表。“郊外型”に区分される店舗について、現在税込み110円の『黄皿』の商品が税込み120円に、税込み165円の『赤皿』の商品が税込み180円に、税込み330円『黒皿』の商品が税込み360円となる。具体的な店舗の区分や。価格改定の詳細は、9月初旬に発表される予定だ。

 スシローの最低価格が税別100円ではなくなることについて、ネット上では〈もはや回転寿司も気軽に食べられるものではなくなりつつある〉と残念がる声があがっているが、一方で、〈よくここまで値段を抑えてくれたと企業努力に頭が下がる〉、〈ある程度の値上げは仕方が無い〉と、“そもそもこれまでが安すぎた”という意見も少なくない。

 スシローだけでなく、大手回転寿司チェーンの「はま寿司」「くら寿司」「かっぱ寿司」の最低価格はそれぞれ税込110円だ。外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏は、「店舗の立地や形態によって最低価格が変わるパターンもある」としつつ、「大手回転寿司チェーンではこれまで“最低価格・税別100円”が基本で、持ち帰り専門店の寿司や、コンビニで販売されている寿司と比べても安い」と指摘する。

 東京都や神奈川県を中心に展開する持ち帰り専門の寿司チェーン「ちよだ鮨」の場合、1人前の盛り合わせメニュー『つつじ』は、にぎり7貫と玉子焼き1個で税込647円、玉子焼きを1貫と換算すれば、1貫あたり80.9円だ。にぎり9貫と玉子焼き1個と海苔巻4個の『まつば』であれば税込971円。海苔巻2個をにぎり1貫と換算すれば、こちらも1貫あたり約80.9円となる。

ちよだ鮨の『まつば』971円。1貫あたりの単価は約80.9円
ちよだ鮨の『まつば』971円。1貫あたりの単価は約80.9円

 また、ファミリーマートで販売されている『にぎり寿司盛り合わせ(10貫)』は税込628円。1貫あたりの価格は62.8円となる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。