マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

メルカリ配送料値上げのユーザーへの影響 駆け込み出品増加、高額取引にシフトも

2022年5月24日 15:00 マネーポストWEB

メルカリ配送料値上げでユーザーへの影響は?(イメージ)
メルカリ配送料値上げでユーザーへの影響は?(イメージ)

 原材料価格の上昇や円安進行などを背景に、日用品からに飲食店に至るまで値上げラッシュの波が止まらない。そうした中、フリマアプリ大手・メルカリは、6月16日から配送サービスの利用料金の改定に踏み切る。例えば、ヤマト運輸の「ネコポス」は175円から210円、「宅急便コンパクト」は380円から450円、宅急便は60~160サイズまですべて価格が引き上げられ、最大150円値上げされる。配送料の大幅な値上げに、メルカリそのものの利用を継続するか迷う声も挙がるなど、ユーザーたちの間では、戸惑いの声が相次いでいる。

値上げ前の“駆け込み出品”を意識

「メルカリって、ただでさえ“利幅”が小さいなかでやり取りをしているので、送料の値上げは痛いですね……」

 そう嘆くのはIT企業に勤務する40代女性・Aさんだ。自身のものはもちろん、実家の片付けで出た不要品もメルカリで売る予定だったが、値上げとなれば、その計画を前倒しする可能性もあるという。

「不用品の量が多いので、値上げ後だと“儲け”が少なくなる。出品してもすぐに売れるとも限らないので、今からすぐに出品して、6月上旬くらいまでにすべて売れることを祈るしかありません。売る側だけでなく買う側としても、早めに買っておかなきゃいけないかも。複雑な気持ちです」(Aさん)

メルカリから別のフリマアプリに移行する人も

 メルカリではなく他社サービスの利用を検討する人もいる。メーカーに勤務する30代男性・Bさんは、「メルカリはそもそも販売手数料が高い」と指摘する。

「ただでさえメルカリの販売手数料は、商品代金の10%と他社より高く設定されています。楽天ラクマは6.6%、PayPayフリマは5%と、メルカリに比べたら安いんですよね。PayPayフリマにいたっては昨年、販売手数料を10%から5%に引き下げています。確かにメルカリは知名度もあるし、集客力もあるから多少高い設定でも仕方ないと思っています。でも、そのうえで『らくらくメルカリ便』と『ゆうゆうメルカリ便』の配送料が値上げされ、さらには『らくらくメルカリ便』の集荷も30円から100円に引き上げられるというのは、ユーザーからすれば痛い。販売をラクマやPayPayフリマに移すことも考えていますが、他社も配送利用料金の値上げの流れに追随しそうで怖いです」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。