マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「メガバンクだから安心」の嘘 銀行カードローン金利は利息制限法の上限近く

2022年6月3日 6:00 女性セブン

「メガバンクが運営しているローンだから安心」というわけではない(イメージ。Getty Images)
「メガバンクが運営しているローンだから安心」というわけではない(イメージ。Getty Images)

「メインバンクはもう何年も一緒」「預金はメガバンクが安心」──そんな人はかなり損をしているかもしれない。これまで無料だったメガバンクのサービスは次々と有料化され、普通預金の金利はゼロに等しい。つまり、このまま預けておけば預貯金は減る一方だ。

 政府・日銀の金融政策で金利が低くなった結果、メガバンクが新たな収入源を確保するため、それが手数料やローンの金利に跳ね返ってきているのが実情だ。しかしこうなると、メガバンクのサービスは顧客のためではなくなってくる。たとえば住宅ローンもそうだ。大手なら安心だと考えがちだが、メガバンクの住宅ローン金利は市場金利と比べて、かなり割高だ。

 ネットバンクのauじぶん銀行の場合、最低金利は0.310%だが、三菱UFJ銀行の最低金利は0.475%(※2022年5月適用金利、変動金利)だ。経済評論家の上念司さんが言う。

「メガバンクに限らず、銀行で住宅ローンを組むと、借り手がローンを支払えなくなった場合、銀行側がそれを処分できる『抵当権』が設定されています。万が一借り手が死亡した場合も、銀行にリスクがないよう、借り手には残債が支払われる団体信用生命保険に加入させますから、住宅ローンに関するリスクが銀行にはほとんどありません」

 そもそも、住宅ローンは銀行側のメリットが大きい。それなのに、メガバンクの場合はローン金利が割高である事実は、知っておいたほうがよいだろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。