マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国で急成長する“宝石古美術のネットオークション企業”のビジネス戦略

2022年6月1日 15:00 マネーポストWEB

宝石古美術のネットオークション企業が業績拡大している理由とは(微拍堂ホームページ)
宝石古美術のネットオークション企業が業績拡大している理由とは(微拍堂ホームページ)

 中国ではゼロコロナ政策に伴う消費の落ち込みが激しく、マクロ面からみれば経済活動が停滞しているかのような印象を受けるかもしれない。しかし、ミクロ面を細かくみると、少し様子が違うようだ。企業の生態環境が大きく変化する中で、新しい環境に適した企業が台頭しつつある。景気の水面下は停滞ではなく、激変している。その一例を見てみよう。

 2014年12月に創業した宝石古美術などのネットオークションを手掛ける微拍堂は5月25日、香港証券取引所に目論見書を提出、IPO(新規上場)まであと一息に迫っている。

 中国には宝石古美術などを専門に扱う店舗を集積した大規模なモール(古玩城)が各地にあるが、微拍堂はその売り場をそのままネット上に移管したような企業である。全国から加盟店を集め、テンセントの小程序(ミニプログラム:ダウンロードの必要のないアプリ)上において、それを消費者につなぐ場を提供している。

 売買はオークション(競売:顧客同士が競い合って価格を決定する)形式。日本のサービスでたとえれば、“特定分野の商品だけを専門に扱うヤフオク!”といったイメージだ。

 消費者にとって、宝石古美術などは、価格設定が標準化されていない商品であり、一つ一つの価値の評価が難しい。また、偽物をつかまされるリスクも相対的に高い。サービスを成立させるためには売り手側に大きな信用が必要だ。子細に商品をみたり、触ったりすることで、初めてその商品の良し悪しがわかるような部分もある。つまり、こうした商品の取引をインターネットを介して行うのはハードルが高い。

 多くの日本人からすれば、中国製品は偽物が多かったり、いわゆる“ぼったくり”も多いといったイメージがあるだろうが、筆者の知る限り、中国人だって同じように思っている。そうした中国市場において、こうしたリスクの極めて高いと思われる商品までインターネットで売られ、それが大きな市場となっていることに中国ネット文化の進化を読み取ることができる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。