マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

幸福になるお金との向き合い方 ただ貯蓄するだけでは老後の安心は遠ざかる

2022年6月11日 15:00 女性セブン

豊かに暮らすためのお金とどう向き合うか(イメージ。Getty Images)
豊かに暮らすためのお金とどう向き合うか(イメージ。Getty Images)

 ある日突然、大金を手にしたらどうするか──。あぶく銭をパーッと使ってしまう人もいれば、将来の備えとして貯蓄に回す人もいるだろう。たとえば、宝くじ当せん者レポートでは、1000万円以上の高額当せん者のうちもっとも多い45%が、当せん金の使い道は「貯蓄」としている。その後は「車」(15.4%)、「土地・住宅の改築や購入」(15.2%)、「借入金の返済」(13.8%)と続く。

宝くじの当せん者は何にお金を使っている?
宝くじの当せん者は何にお金を使っている?

 老後不安もあって日本人の貯蓄傾向は年々高まっており、2020年の総務省の家計調査報告を見ると、世帯主の貯蓄額の平均は1791万円。これが60代、70代になると2000万円を超えてくる。

 さらに、日本人の個人金融資産残高の合計は現在、1999.8兆円で、過去最高額を更新している。だが、ひたすら貯め続けたところで、「生き金」とは言い難い。40代で2億円の資産を築いた個人投資家で『攻めの節約』の著者である生方正さんが言う。

「もちろん、通帳の数字が増えていくのが楽しくて仕方ないという人もいるでしょう。しかし、仮に2億円貯めることができたとしても、それを使わずに亡くなってしまったら、残された人は喜ぶどころか、相続争いで疲弊する可能性もあり、そうなると、その大金は“死に金”です。しかも、相続人は決して安くない相続税を支払うことになる。

 それなら、元気なうちに子供と旅行に行ったり、孫の留学費用を支援したり、記念日に高級レストランで食事したりと、有効な使い方があったはずです。お金を使って豊かな経験や思い出を手に入れる方が、通帳の数字を増やすことより、よっぽど有意義です」(生方さん)

 1億円分の一万円札を積み上げると、高さは約1mになる。使わなければ、ただのジャマな紙のかたまりだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。