マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

わがままな老親の世話 疲弊した夫婦が頼った「地域包括支援センター」

2022年6月16日 15:00 週刊ポスト

「地域包括支援センター」に相談した結果、負担が大きく減ることになったという(写真:イメージマート)
「地域包括支援センター」に相談した結果、負担が大きく減ることになったという(写真:イメージマート)

 老後の生活設計を考えるうえで、「人間関係」の整理が重要だ。家庭によっては大きな課題となるのが親や義理の親だろう。

 自宅から車で30分ほど離れた所に暮らす80代の母の介護をしてきた都内在住のAさん(62歳男性)はこう言う。

「妻と分担して週に5日は実家に通い、掃除に洗濯、入浴の手伝いから買い物や病院の付き添いまで、身の回りの世話をしてきました。母も『息子夫婦にしてもらうのは当然』と考えているフシがあり、こちらの都合はお構いなし。仕事中も電話で『テレビのリモコンが壊れた』『庭の植木が元気がないから見てほしい』などと用事を言いつけてきます。義理の親に振り回される妻は怒り、私たち夫婦の関係までギクシャクしていました」

 精神的にも肉体的にも追い込まれたAさん夫妻が頼ったのは、地元の「地域包括支援センター」だった。同センターは、介護や医療など地域の高齢者の生活上の問題について、総合的に相談を受け付けてくれる窓口だ。

 Aさんが事情を説明すると、センターの相談員から「訪問介護の利用」を提案されたという。要介護認定が必要となり、紹介されたケアマネジャーに頼んで申請代行をしてもらった結果、母は「要介護1」の認定を受けた。

「担当のケアマネさんは申請代行だけでなく、介護に関する各種手続きや介護プランの作成など、手厚くサポートしてくれました。現在、母は訪問介護の各種サービスを受けています。私たち夫婦の負担はかなり軽減されました。母も『面倒をかけている負い目』から解放され、表情が明るくなりました」(Aさん)

 訪問介護のサポートとはどんなものか。介護評論家の佐藤恒伯氏が言う。

「公的介護保険の訪問介護では、食事や入浴、排泄介助などの『身体介護サービス』のほか、掃除やゴミ出し、洗濯、医療機関への付き添いなど『生活支援サービス』が受けられます。費用は身体介護が1時間4000円程度(1割負担で400円)、生活支援が1時間まで1500円程度が目安。利用限度額の超過分、適用外サービスは自費となりますが、家族にとっては介護の負担から解放されるメリットが大きい。親や義理の親と適度な距離を置くことで、良好な関係を保てるケースも少なくありません」

※週刊ポスト2022年6月24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。