マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

「上場初値で買ってはいけない」IPO投資の新戦略、いま避けるべき銘柄は

2022年6月19日 19:00 マネーポストWEB

個人投資家の注目を集めそうなIPO株

 2022年は環境が厳しいので、IPO件数は2021年の125件を大幅に下回る70~80件となりそうだ。2022年にもIPOが予想されている企業の中では、まずカカオピッコマとSmartHR(スマートHR)が注目される。

 カカオピッコマは、メッセンジャーアプリ「カカオトーク」や電子マンガサービス「ピッコマ」などを運営している。スパートHRは、人事・労務分野の業務効率化に寄与するクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供している。この2社が実際にIPOすれば、大型上場となりそうだ。

 それから、いざIPOとなれば個人投資家の注目を集めそうな企業はまだある。たとえば、民間による月面探査を目指す宇宙ベンチャー企業のispace(アイスペース)、持続可能な宇宙環境を目指してスペースデブリ(宇宙ゴミ)除去サービスに取り組むアストロスケールホールディングス、2018年に東芝からシャープに買収されたコンピュータ事業のダイナブック、大型リチウムイオン電池を手がけるエリーパワーなどが挙げられる。

【プロフィール】
西堀敬(にしぼり・たかし)/投資情報サイト「東京IPO」編集長などを経て、現在は「IPOジャパン」編集長(https://ipojp.com/)。IR説明会、セミナーなども多数行なう。著書に『改定版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』など。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。