マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

ほとんどの人が“負け組”になる時代、「生涯現役」が求められる理由

2022年6月22日 6:00 女性セブン

これからの時代をどう生き抜くか(写真:イメージマート)
これからの時代をどう生き抜くか(写真:イメージマート)

 長生きするほどお金が必要になり、年を取るほど元気がなくなっていくのは自然の摂理。「40年も年金を納めてきたのに」「若い頃はよく眠れたのに」と嘆いても仕方がない。では、どのように生きていくのが正解なのか。作家・橘玲氏にインタビューした。

 かつての「1億総中流社会」では、一生懸命勉強してそれなりの学校や会社に入り、コツコツ定年まで勤め上げれば、余生は安泰だった。女性はサラリーマンと結婚し、専業主婦として子供を育てることが、当たり前の幸せとされた。

「そんな時代はとっくに終わりました。いまは普通に生きていたら、転落してしまう」

 そう語るのは、作家の橘玲さん。『上級国民/下級国民』『無理ゲー社会』などの著作で、現代社会の“言ってはいけない”現実を描いた橘さんが話す。

「世界はとてつもなく豊かになり、誰もが自由に自分らしく生きられる『リベラル社会』になりました。いまや、年齢や性別による差別は許されません。その一方で、一人ひとりに求められる能力の水準が上がって、普通に生きている多くの人がそれをクリアできなくなったのです。

 より高い学歴や資格、経験を持つ者だけが優遇される現代は、いわば『知能格差社会』。夢を叶えて自己実現できるのはほんの一握りの“上級国民”だけです。バリバリ働いて高収入を得る女性が増え、交際相手となる男性に求める水準も上がった。その結果、恋愛の自由市場から脱落する男性が増え、それが少子化や婚姻率の低下として表れています」(橘さん・以下すべて同)

 ある種のステータスだった、出身校や勤め先といった“ブランド”にもあまり期待できない。SNSの登場で、個人の持つ経歴や能力、魅力が可視化されたからだ。

 橘さんは、仕事の形態が会社から個人に移るに従って、これまでブランドに頼っていた人は転落していくと語る。古きよき時代に就職・結婚した世代や、リタイア世代にも時代の波が襲いかかるのだ。

「日本人の平均賃金は、ここ30年間上がっていません。今後も、人口減少による市場の縮小は続きますから、賃金の大幅な上昇は期待できません。また、年金制度はそもそも、55才前後で退職して65才前後で亡くなることを前提に設計されていて、人生100年時代となったいまは制度自体の持続性が問われています。給付額の引き下げや受給開始年齢の引き上げが避けられず、年金で悠々自適はもはや夢のまた夢です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。