マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

顔を合わせなければ争いにならない… 専門家も唸った「家庭内別居の理想形」とは

2022年6月22日 16:00 女性セブン

【実例2】夫婦間の連絡事項はメモで充分(58才・会社員女性)

【実例2】夫婦間の連絡事項はメモで充分(58才・会社員女性)
【実例2】夫婦間の連絡事項はメモで充分(58才・会社員女性)

 夫(60才)とは、10年ほど前から家庭内別居をしています。原因は子育て。夫は教育に関してとてもこだわりがあり、息子や娘の成績や友人関係に口を出すのは当たり前。特に息子には、成績が少し落ちただけでひどい暴力を振るっていました。

 しかし、息子が高校生になり、立派な体格になって、「ふざけるな」と応戦するようになると、夫がかなわなくなったんです。もちろん私も息子の味方に。すると、私たちがリビングにいるときは、自室から出てこなくなりました。手のひらを返したような沈黙。

 もしかしたら、教育費を払ってくれないのではと思いましたが、子供の学校関係の書類などを玄関の下駄箱の上に置いておくと、対応はしてくれました。お互いのLINEを知らないので、連絡事項があるときは、夫の部屋のドアにメモを貼り、夫は冷蔵庫の扉にメモを貼ってやり取りしています。

 いまでは部屋に小型冷蔵庫まで置いて、自室とトイレや浴室しか行き来をせず、食事はお弁当を購入。洗濯も自分でやっている夫。単なる同居人ですね。ほとんど顔を合わせませんし、会話も一切なし。子供たちが家を出たらこの関係も変わるのかもしれませんが、いまは親子の争いもなく、平和な日々を送っています。

【アドバイス】家庭内別居の理想形。遺言状の作成を視野に

「そりの合わない夫婦や家族が“会わない”ことで関係が維持できている、家庭内別居の理想形ともいえます。ただし、普段から意思の疎通ができていないなら、老後や遺言状についての話し合いも視野に入れておいて」(齋藤さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。