マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

餃子店や焼肉店… 物価高騰でも価格を死守する飲食店の“ド根性経営”

2022年7月5日 6:00 週刊ポスト

「なんとか値上げに対しても踏ん張れています」と語る『炭火焼肉meatmeet』の店主・中嶋雅彦氏
「なんとか値上げに対しても踏ん張れています」と語る『炭火焼肉meatmeet』の店主・中嶋雅彦氏

 値上げラッシュが止まらない。5月の東京都区部の消費者物価指数の総合指数(中旬速報値)は前年同月比2.4%の上昇。光熱費やガソリン代も高騰が続き、あらゆるものが値上がりしている。経済ジャーナリストの荻原博子氏が語る。

「世界的な資源高にウクライナ危機、円安などが相まって、物価高騰の終わりが見えません。これまで日本のメーカーは商品の中身の重量を減らす“ステルス値上げ”などで価格を据え置きましたが、電気代や飼料代、運送代などあらゆるコストが増しているため、企業努力は限界に来ている。今後はコストを価格に転嫁せざるを得ない企業が増えるでしょう」

 帝国データバンクのアンケートでは、回答のあった1701社のうち、今年4月から来年6月ごろまでに値上げを予定する企業は、実施済みを含めて68.5%。今年4月から5月の間に既に値上げした企業は42.3%に達している。

 消費者は悪夢が続きそうだが、逆風に抗って歯を食いしばり、価格を据え置いている企業もある。

「私はもう82歳。私が経営している間は今の値段で続けるつもりです」

 そう語るのは、静岡県浜松市にある『ぎょうざのひろかね』のオーナー・加茂宏司氏だ。

『ぎょうざのひろかね』が提供する餃子は野菜が多く、シャキシャキした食感が好評
『ぎょうざのひろかね』が提供する餃子は野菜が多く、シャキシャキした食感が好評

 宮崎・宇都宮と並ぶ餃子界の3強である浜松で加茂氏が提供する餃子は持ち帰り専門。野菜が多く、シャキシャキした食感が好評の逸品である。

「餃子21個入り」「生肉巻き餃子10個入り」「お得用冷凍餃子25個入り」などの商品価格は、すべて税込660円。餃子の皮の原料となる小麦が高騰し、仕入れ価格は3割増しになったというが、加茂氏は「生涯据え置き」を宣言した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。