マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

庶民派価格と棲み分けへ 1000円超え「高級ラーメン」が受け入れられる理由

2022年6月10日 16:00 マネーポストWEB

ラーメン1杯にいくらまで払えるか?(写真:イメージマート)
ラーメン1杯にいくらまで払えるか?(写真:イメージマート)

 はたして、ラーメン1杯の価格はいくらが妥当なのか? 神奈川県湯河原町の人気ラーメン店『らぁ麺 飯田商店』が、看板商品の「しょうゆらぁ麺」を1300円から1600円に、「つけ麺」を1800円から2000円に値上げし、話題を呼んでいる。

 MBS系『情熱大陸』で密着されたこともある飯田商店の店主・飯田将太氏は5月16日、ツイッターで、〈5月21日ご来店分より値上げさせていただく事になりました〉と価格改定を発表。〈理由は原材料の価格高騰ではなく、未来のラーメンの事を自分なりに考え出した答えです〉〈今のらぁ麺の中の仕事の精度を更に上げ、仕事の密度を増やして行く事(当然原価も上がります)に集中します〉などと説明している。

 ラーメンというと庶民的な印象もあるが、職人が手間と費用をかけてスープや麺を作っている店も多く、まさに飯田商店はトップレベルのこだわりをもつラーメン店の代表的存在だ。“ラーメン1杯1600円”という価格設定に対して“高すぎる”という声も少なくないが、ネット上では、

〈手間暇かけて美味しいものであれば、それなりの値段になって当然〉
〈高級蕎麦があるなら高級ラーメンがあっても良い〉

 など、肯定的な意見も少なくない。単純な値上げに加えて、他のラーメン店の相場より高い価格設定にもかかわらず、なぜ受け入れる声が目立つのか。ラーメンの価格について、外食チェーンに詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「仮に、超高級料亭の“裏メニュー”でラーメンが出されたとしたら、1杯2000円くらいしても“そんなものかな”と思うものです。“ラーメン=庶民的”というイメージを持っている人が多いのは事実でしょうが、そうではないラーメンがあっても何らおかしくない。そもそも飯田商店は“庶民的”であることをウリにしているお店ではないし、職人のこだわりを体験するお店。そういう意味では、1杯1600円を『高い』とは言えないと思います」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。