マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

日本電産・永守重信CEO、株主総会で61歳社長を「まだ見習い」と呼んだ真意

2022年7月1日 7:00 週刊ポスト

永守重信氏(右)は関潤社長をどう見ているのか(写真/共同通信社)
永守重信氏(右)は関潤社長をどう見ているのか(写真/共同通信社)

 6月17日に行なわれた日本電産の定時株主総会で、創業者の永守重信CEO(77)は隣に座る関潤社長(61)についてこう語った。

「社長はまだ見習い」
「逃げない限りは後継者として育てる」

 永守氏が一代で築き上げた国内最大のモーター企業はいま、「後継者問題」に悩まされている。

 日産自動車で執行役副最高執行責任者を務めた関社長は、永守氏に「後継者候補」として請われて2020年に日本電産に電撃入社。昨年6月にCEOの椅子を譲り受けたが、1年ともたずに“降格”され、永守氏が今年4月にCEOに復帰した。

 その際に、関氏が再びCEOに就くには「あと3年くらいかかる」と厳しい評価をしていた。多くの市場関係者が、「関氏は外された」と考えていただけに総会での発言は驚きをもって迎えられた。

 永守氏は「ポスト永守」を巡る人事で自らヘッドハントしては、その候補に厳しい評価を下すことを繰り返してきた。公の場で関氏を再び後継者に指名した真意はどこにあるのか。経済ジャーナリストの福田俊之氏が語る。

「今年1月、米ブルームバーグがCEO交代を示唆するような報道をした際に株価が急落しました。永守氏は“自分が復帰すれば株価は戻る”と思っていたのでしょうが、実際は永守さんがCEOに復帰した後も株価は思うように上がっていない。想像以上に株主の後継者問題への不安が大きいということでしょう。

 総会では株主からも『後継者にどうイズムが浸透し、受け継がれているのか見えにくい』と疑問の声が上がったそうです。今回の永守氏の発言は、裏を返せば『後継者を育てている』と“言わざるを得ない”状況だったのかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。