マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「20年で2倍。直近さらに…」輸入盤アナログレコード値上がりで音楽ファンの悲鳴

2022年7月1日 16:00 マネーポストWEB

輸入アナログレコードの価格が高騰しているのは、円安だけが要因ではない?
輸入アナログレコードの価格が高騰しているのは、円安だけが要因ではない?

 急速に進行する円安の影響を受けて物価も上昇しているが、やはり影響が大きいのは輸入品だ。ある音楽ファンはこう嘆く。

「もともとここ1年くらい、輸入盤が高くなってきているんですよね。CDはそれほど変わらないのですが、アナログレコードがどんどん高くなっている印象があります。アルバムだと1枚4000円くらい~6000円くらいのものもあるし、7インチのシングルなら、以前1000円前後だったのが、最近は2000円以上するものも多いです」

 実際に輸入盤の価格は上がっているのだろうか。音楽事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「輸入盤の場合、同じ商品でもレコード店によって販売価格が違うので、一概には言えないのですが、総じて価格高騰し続けているのは間違いありません。円高だった時代には、アルバムで1000円強で買える輸入レコードもそれなりにあったのですが、最近は少なくとも2000円台後半はします。体感的には、この20年で輸入レコードの価格は2倍ほどになり、ここ半年くらいで、また上がり始めているという感じです」

 サブスクリプションサービスでの音楽配信が一般的になった一方で、近年はアナログレコード人気が再燃。2020年にはアメリカ国内でのアナログレコードの売上が、CDの売上を超えた。

「輸入アナログレコードの価格が上がっているのは、円安の影響もあるんですが、それだけでなく“豪華”な商品が増えているということもあると思います。アナログレコードはコレクターズアイテムとしても人気なので、豪華なブックレットが付いていたり、ジャケットの仕様が凝ってたりする作品も多く、その結果値段が上がっている。“聞くだけならサブスクで十分”という現実があるなか、わざわざアナログレコードを買うのは、“所有する喜び”を求めているユーザー。高価な商品が増えているのは、コアなユーザーのニーズに応えている面もあると思います」(大塚氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。