マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

音楽カセットテープがデジタル時代に復権中 ファンは「グッズ感覚」

2019年6月30日 11:00

近年ファンが増えているというカセットテープ
近年ファンが増えているというカセットテープ

 近年、音楽ストリーミングサービスに押されて、CD販売市場が縮小傾向になるなか、徐々にファンを増やしていると言われているのがカセットテープだ。かつてパソコンやスマホに楽曲データを取り入れて聞くという習慣がまだなかった頃、レンタル店で借りてきたCDを空のカセットテープにダビングしたという時代があったが、現在注目されているのは、“空のカセットテープ”ではない。予めアルバムが収録されている音楽ソフトとしてのカセットテープだ。

 実際に、都内の大きなCDショップに行くと、洋楽アルバムの輸入カセットテープが数多く販売されている。また、東京中目黒にある「waltz」というカセットテープ専門店には、若い音楽ファンも多く足を運んでいるという。

「日本国内での音楽カセットテープ生産数は減少し続けていますが、アメリカではここ数年増加傾向にあり、再注目の兆しがあることは確か。1980年代や90年代の名作アルバムが次々とカセットテープとなって販売されていますし、新作をカセットテープで販売するアーティストも増えています。また、アンダーグラウンドなシーンでも、カセットテープでリリースされる作品が多くあります」(音楽ライター)

 実際にカセットテープを購入している音楽ファンに話を聞いてみた。40代の男性フリー編集者・Aさんがカセットテープを好んで買うようになったのは、3年ほど前からだという。

「気になっていたアーティストの作品がカセットテープのみでリリースされ、それを買ったことがきっかけです。自分が中学生くらいまではカセットテープで音楽を聴くこともありましたが、最近はまったく触れていなかったので、プレイヤーも持っていない状態でした」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。