マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

キャンパー、被災者、ガラス職人…夏の「クーラーなし生活」をどう乗り切ったのか

2022年7月16日 7:00 女性セブン

キャンプ地での「避暑対策は、直射日光を避けること」と語るヒロシ
キャンプ地での「避暑対策は、直射日光を避けること」と語るヒロシ

 熱中症予防のためには、クーラー(本企画では冷房機能のあるエアコンを「クーラー」と表現しています)は欠かせない。しかし、さまざまな事情から「クーラーを使えない」状況に陥ってしまうこともある。実際にそうなった人々は、どのように暑さを乗り切ったか──使える(かもしれない)避暑ワザを紹介しよう。

【キャンパーの場合】夏のキャンプなら川や海より山へ

「川や海なら涼しいだろうと思うかもしれませんが、夏のキャンプはどこだろうと暑いです」とは、芸人でソロキャンパーのヒロシだ。現在、『ヒロシのぼっちキャンプSeason5』(BS-TBS)に出演するほか、著書『大人のソロキャンプ入門』(SB新書)も話題だ。

「避暑対策は、直射日光を避け、標高が高い場所に行くくらい」

 日陰がない場合、タープ(大きな布)で日陰を作る。また、日没近くにテントを設営した方が、テントが熱を受ける時間が短く、テント内が熱くなるのを防げるという。

 暑いからと川や海でキャンプをするのは危険のようだ。

【被災者の場合】寝苦しさは冷感寝具に助けられた

 2016年4月に発生した熊本地震では、約48万世帯が5日間停電を経験した。自宅と自身が経営する飲食店が倒壊した山本勉さん(仮名・52才)もその1人だ。

「地震発生時は、クーラーがないとじんわり汗ばむような季節でした。夜は本当に真っ暗になるので、とにかくじっとしていましたね。動くと暑いですし。ひどく寝苦しいというほどではなかったのですが、何度も目が覚めるんです。また地震が来るかもという恐怖もあったのかもしれません。しばらくして、東京の知人が冷感寝具を送ってくれて、それでずいぶん助かりました」

 水道も止まり、水が使えなかったので、汗が出てきたら、ペットボトルの水を浸したタオルで体を拭いていたという。

「気化熱で体が冷えるのか、少し涼しくなるんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。