マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

レジ袋有料化から2年、いまだ見つからない「エコバッグの最適解」に悩む人たち

2022年7月16日 15:00 マネーポストWEB

いつまで経っても「エコバッグの最適解」が見つからない?
いつまで経っても「エコバッグの最適解」が見つからない?

 2020年7月にレジ袋が有料化されてから2年。エコバッグを持ち歩く生活もすっかり“当たり前”になった。しかし、そんなエコバッグ生活において、“どんなエコバッグを、どう利用するのが正解なのか”いまだ模索し続けている人も少なくないようだ。

 都内に住む専業主婦の石山さん(仮名、30代)は、そもそも“エコバッグを買う”という行為に不満があると漏らす。

「2年前にレジ袋が有料化されたときに、スーパーなんかで“エコバッグプレゼント”みたいなキャンペーンをよくやっていて、その時いくつかもらったんです。それをローテーションしながら使っているんですが、どのエコバッグもくたびれて、ダメになってきました。なので、そろそろ新しいエコバッグを買おうと思うんですが、ちゃんとしたものだと普通に1000円以上する。だいたいレジ袋が有料化したこと自体に納得していないのに、高いエコバッグを買わなくてはならないのは納得いかないですね」(石山さん)

 石山さんの場合、普段の食材の買い物でエコバッグを活用している。

「食材を入れるので、結構エコバッグが汚れるんです。お肉や魚のパックから、ちょっとした汁が漏れることもあるし、野菜についている土の汚れや、果物の果汁がつくこともある。あと、漬物なんかを買うと、においがエコバッグに移ることもあります。だから、高いエコバッグはあまり使いたくないんですよね。かといって安いエコバッグだと、すぐに破れてしまう。いまだに“使い勝手のいい”エコバッグの正解がわかりません」(石山さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。