マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

カルディとドンキのエコバッグを比較 似ているようで使い勝手は全然違う!

2021年9月12日 19:00 マネーポストWEB

左がカルディのオリジナルエコバッグ、右がドン・キホーテの「驚安の殿堂ドンキエコバック(大)」
左がカルディのオリジナルエコバッグ、右がドン・キホーテの「驚安の殿堂ドンキエコバック(大)」

 2020年7月にプラスチック製のレジ袋が有料化されてからすでに1年。スーパーやコンビニで買い物をした際に、エコバッグを使用することも当たり前となっている。そんななか、街で頻繁に見かけるのが、コーヒー、輸入食品などを販売する『カルディコーヒーファーム』(以下、カルディ)のエコバッグだ。

 公式サイトによると、国内で474店舗(2021年8月現在)を展開するカルディ。ショッピングモールや駅の施設内などへ出店するケースも多い。スーパー・コンビニ事情に詳しいライターの小浦大生氏が説明する。

「カルディでは、オリジナルのエコバッグが数種類販売されていますが、特に人気が高いのが、カルディのロゴが大きくあしらっている、折りたたみができるタイプのものです。ポリエステル製で価格は250円とかなり安い。今年1月には2000円以上購入するとこのエコバッグがもらえるキャンペーンをやっていたこともあり、利用者が増えました。特に都内の住宅地あたりでは、このエコバッグを使っている人が多い印象があります」

 そんなカルディのエコバッグにとても似た商品を販売しているのが、ディスカウントストアの『ドン・キホーテ』(以下、ドンキ)だ。

 ドンキのレジ袋をイメージしたこのエコバッグは、小(322円)と大(430円)の2つのサイズがあり、デザインもドンペンくんのイラストが描かれたものと、ドンキのロゴがあしらわれたものがある。なかでもロゴがあしらわれた「驚安の殿堂ドンキエコバック」の大サイズが、カルディのエコバッグにとても似ているのだ。

 カルディのエコバッグは、大きな“KALDI”という文字の下に小さな字で“COFFEE FARM”と書かれたロゴがデザインされている。一方ドンキのエコバッグは、大きく“DONKI”と書かれている下に小さな文字で“KYOYASU NO DENDO”という文字が配置してある。ロゴの字体もよく似ている。

「ドンキのエコバッグは、ある種“パロディ”的な雰囲気もあり、“ネタ”としても面白いと思います」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。