マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

悪用される個人情報ビッグデータ 日本では内定辞退予測、裏アカ特定、海外では政治利用も

2022年8月16日 19:00 女性セブン

個人情報ビッグデータが悪用された実例とは(イメージ。Getty Images)
個人情報ビッグデータが悪用された実例とは(イメージ。Getty Images)

 検索履歴、サイトや動画の閲覧履歴、「いいね」など、ネット上での行動は、さまざまなウェブサービスによって記録され、ビッグデータとして分析され利用されている。そもそも、こうして集められた「私の情報」は、誰のものだと言えるのだろうか。悪用される恐れはないのだろうか。

 いまから3年前に起きた「リクナビ事件」で、まさに恐れられていたことが現実のものになった。就職活動サイトのリクナビが、登録者の内定辞退率の予測スコアを、利用者である就活生の明確な同意なく、第三者企業に販売していたのだ。慶應義塾大学大学院法務研究科教授の山本龍彦さんが言う。

「日本でもっとも有名な、ビッグデータの乱用事件です。まず“前年度、国内企業からの内定を辞退して外資系企業などに入社した学生がどんなウエブサイトを見ていたのか”というデータを分析することで、学生の内定辞退率をAIで予測するしくみをつくる。これを採用試験を受けにくる就活生のウエブ閲覧傾向と照合させ、あらかじめ内定辞退の可能性の有無をスコアリングしていたのです」

 就職活動の現場では、就活生のSNSの「裏アカウント」を特定し、素行や発言を調査して企業に報告する「裏アカ特定サービス」も横行している。ITジャーナリストの三上洋さんが説明する。

「匿名の裏アカで企業や個人の悪口を言ったり、モラルに欠けた発言をしていないかを企業が採用前に把握することが目的です。しかし、それが本当にその学生のアカウントだと断定することはできません。プライバシーの侵害になりかねないだけでなく、たとえどんなに精度が高くても、推測だけで学生から機会を奪っていることが大きな問題です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。