マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続時の認知症対策 判断能力を失う前に財産管理できるようにする方法

2022年8月15日 16:00 女性セブン

認知症による相続トラブルを防ぐには早めの対策を(イメージ)
認知症による相続トラブルを防ぐには早めの対策を(イメージ)

 遺産相続の手続きはあまりにも複雑。やり方を間違えて失敗しないためにも、事前に準備しておきたい。負の財産はないか、遺産総額はどれくらいか、そして相続人は何人いるかといったことは、しっかり確認しておく必要がある。

 財産について把握したら、次は認知症対策をしておく。財産を残す被相続人はもちろん、財産を受け取る相続人も、認知症などで判断能力を失ってしまえば、相続手続きそのものが難しくなる。

 元気なうちから、あらかじめその人の財産を管理できるように準備しておくには、大きく「任意後見人」と「家族信託」の2つの制度がある。

 任意後見人は、判断能力を失ったときに備えて、家族などの信頼できる人を、財産の管理者に指定できる。

 一方、任意後見人を指定しないうちに判断能力を失ってしまうと、相続手続きには「法定後見人」が必要になる。

 法定後見人は家族や本人の意思で選ぶことができず、月々の報酬の支払いも発生するため、何かと不満を感じる人も少なくない。あらかじめ、任意後見契約を締結するか、家族信託の契約を結んでおくのが、本人の意思にかなう財産管理といえるだろう。ベリーベスト法律事務所の弁護士・田渕朋子さんが説明する。

「簡単に言えば、任意後見人はすべての財産を管理する権限を持ち、家族信託は、特定の財産を信託財産として託すものです。例えば“預貯金は問題ないが、この土地だけは守りたい”という場合は、その土地を信頼できる家族の誰かに信託する。そうすれば、土地の名義人が受託者に移るため、だまされて安く買いたたかれるようなことはなくなります。

 一方、判断能力が衰えたときに備えてすべての財産の管理を任せたいなら、任意後見人が適しています。任意後見人は、本人が判断能力を失った後に財産管理を行うのに対し、家族信託は、本人が元気なうちから所有権を受託者に移転して、信託契約に従って管理等を任せることができます」(田渕さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。