マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

長期化する円安で大ダメージを受ける年金生活者 物価は上がっても受給額は減少

2022年8月21日 16:00 週刊ポスト

年金受給額は物価変動を基準に改定されるが…(イメージ)
年金受給額は物価変動を基準に改定されるが…(イメージ)

 今春以降急速に進んだ円安が、日本経済に深刻なダメージを与え続けている。7月中旬には為替相場が一時1ドル139円台に突入し、24年ぶりとなる円安を記録した。

 今後も円安が続き、値上げが続くとすれば、どんな事態が起こるのか。経済アナリストの森永卓郎氏はこう言う。

「急激な金利引き上げの結果、アメリカの景気が失速に向かい、為替相場はどこかで円高に振れていくと見ています。ただ、それまでの間に、もし1ドル130円から200円という円安状態に進めば、消費者物価は今より約8%の上昇になります。これは産業関連表の価格均衡分析という手法で試算でき、商品別で詳しく見ると、例えば都市ガスが約26%、ガソリンが約24%、衣服・身の回り品が約24%、家電が約16%、食肉が約13%の価格上昇率となります」

 すでに、東京電力と中部電力管内では9月からの電気料金のさらなる値上げが発表されている。東短リサーチのチーフエコノミスト・加藤出氏が言う。

「円安の長期化はエネルギー価格の高騰に拍車をかけています。原油相場は中国経済への不安などで6月のピーク時より下がっているものの、ウクライナ情勢はまだ先行き不透明です。下げ渋りや再上昇の恐れはあります。特に灯油など冬の燃料費がかさむ寒冷地では、最も電気代が高くなる冬場に向け、エネルギー価格の高止まりと電気料金の値上げによる大打撃が予想されます」

 続けて加藤氏は、「現在の円安は、今後じわじわと生活に影響していく」と見る。

「食品主要105社を対象にした帝国データバンクの最新調査(7月末時点)によれば、『年初から値上げ済み』の品目数が増えた一方、『今後値上げ予定』の品目も急増しています。円安の長期化で、すでに値上げした食品の再値上げや、値上げ予定のなかった食品の値上げも増えている。

 昨年来、流通大手のイオンや西友はプライベートブランド商品の『価格凍結』を行なってきましたが、さすがに7月から一部商品の値上げが始まっています。彼らが耐えきれなくなって値上げがより増えると、他のメーカーも急速に追随する可能性があります。現在の円安の影響の特徴は、じわじわと生活面に現われるところ。気付いたら1年前に比べてとんでもない負担を強いられていたとなりかねず、長期的に家計に影響を与えています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。