マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

【60代女性・私の宗教放浪記】「手相を見せて」から連れて行かれたビデオセンター

2022年9月6日 15:00 女性セブン

「手相を見せて」と声を掛けられたのが始まりだった(イメージ)
「手相を見せて」と声を掛けられたのが始まりだった(イメージ)

 旧統一教会と政治家との関係に注目が集まる昨今。普通の生活をしている人にとって、新興宗教との接点はどこにあるのか。『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子さんが、これまでの人生の中で、自身と家族が接した新興宗教の思い出を振り返る。【全3回の第2回。第1回から読む

 * * *
 3月に93才の母ちゃんを見送った。この夏、茨城の実家で初盆を過ごした私は、人の命に限りがあることを実感し、死を身近なものと感じるようになった。そして、「そうか、こういうときに人は宗教が視界に入るのか」と思った。と、若い頃のことをふと思い出す。

 41年前の夏、24才の私はある宗教施設にいた。横には姑と義姉がピタッと張り付いている。もう逃げ場はない──。

 夫(当時31才)の母がS教の熱心な信者で、彼が宗教2世であることは、婚前に本人から知らされていた。でも、結婚して2か月もたたないうちに、姑と義姉から強い勧誘を受けることまでは覚悟していなかった。夫家族と同居していた私のもとに義姉が連日やってきて、姑と一緒にS教への入信を求められた。

「長男の嫁になっていまさら何を言うの。うちの宗教に入らないということは、うちを馬鹿にしているってことだからねっ!」と姑が凄めば、「そんなに堅苦しく考えなくてもいいのよ。ちょっとだけつきあってくれたらいいんだから」と義姉が解しにかかる。

 私は抵抗を続けたけど、相手はまったく怯まない。

「実は今日、うちのお嫁さんが入信するって、お寺にお願いしちゃったのよ」

 こうなったら否も応もないわよ。私はひと言も口を開かず、姑と義姉の後について、一見、ふつうのお寺に行って、白い短冊のようなもので頭を撫でられて、“入信の儀式”が終わったの。経本と数珠も渡された気がするけど、はっきりした記憶はない。

 婚家で暮らした1年半は、とにかく毎朝欠かさず、姑の“勤行”を聞いた。私の耳の奥にはちょっと甲高い姑の声がいまでも残っている。が、そんな出来事とは直接関係のないことで、私は4年後に離婚した。

 離婚して宗教と縁が切れたかと思ってたらとんでもない。その時々で勢いがある宗教が私の前に次々現れるんだもの。

 28才で離婚して、30才でヤケのヤンぱちで歌舞伎町(東京・新宿)に編集プロダクションの事務所を開いたけど、早い話、人生に迷っていたんだよね。

 とても感じのいいOL風の女性から「ちょっと手相を見せていただけませんか?」と街で声をかけられたとき、勢いで「ハイッ」と手を差し出した。すると相手は、「ああ、やっぱりね」と私の右手を見ながら、しきりにうなずいているではないの。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。