マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

新型「アルピーヌA110 GT」 “軽さが正義”を体感させたスポーツカーの切れ味

2022年9月18日 11:00 マネーポストWEB

6年ぶりのマイナーチェンジを果たした「アルピーヌA110 GT」
6年ぶりのマイナーチェンジを果たした「アルピーヌA110 GT」

「アルプスのワインディング」が社名の由来である、フランスのアルピーヌ社。ルノーのチューンナップやレーシングモデルを製造販売していた同社が、2017年に発売したのが「アルピーヌ A110」。すぐに人気を博した同車が6年ぶりにマイナーチェンジを果たした。シリーズ「快適クルマ生活 乗ってみた、使ってみた」、今回は自動車ライター・佐藤篤司氏が、フランス流軽量スポーツカーを試乗して、その乗り心地をレポートする。

 * * *
 1956年に設立されたアルピーヌ社は、おもにフランスのルノー社の車両をベースにチューンナップやレーシングモデルを製造販売してきました。アルピーヌの創設者、ジャン・レデレ氏は、この社名に「アルプスのワインディングに象徴されるドライビングの喜び」を込めたと語っています。

 2017年3月、ジュネーブショーで世界初公開されたミッドシップのスポーツカー「アルピーヌA110」は、アルピーヌの基本コンセプトに沿った魅力的なスポーツカーであり、人気となりました。今年1月、そのアルピーヌA110が6年ぶりにマイナーチェンジされ、さらに走りを磨き上げたといいます。そのニューモデルを日本のワインディング走行の本場、箱根でじっくりと試してみました。

40年ぶりに「復活」

 実はA110という車名は1963年から77年まで製造され、モータースポーツでも大活躍していたスポーツカーに与えられていました。その過去の名車の外観をモチーフにしたデザインをまとって2017年に同じ車名で登場し、業界では「アルピーヌが帰ってきた」とかなり話題になったのです。一部ファンの中には半世紀以上前に活躍していたモデルを“初代”と呼び、最新を“リボーンモデル”などと表現する人もいます。

 そんな新世代A110を初めてドライビングしたとき感じたのはやはり「軽くて、コンパクト」。ドライビングの楽しさ、軽量スポーツカーのキレの良さをしっかりと感じることができました。そのときは「これで十分」とも思ったのですが、今回のマイナーチェンジによって従来の最高出力は292馬力から300馬力に、最大トルクは320Nmから340Nmへと、パフォーマンスがアップしました。数値的に見ればわずか8馬力、20Nmの向上ですが、実際に走り出してみるとさらに魅力を増していたのです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。