マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

日常生活の助けになる「補助金・給付金」紙おむつ、補聴器、介護タクシーにも

2022年9月26日 15:00 女性セブン

「申請や相談をすればお金がもらえる制度」を見逃さないようにしたい
「申請や相談をすればお金がもらえる制度」を見逃さないようにしたい

 新型コロナウイルスは感染症として脅威なだけではなく、私たちの家計をも確実に蝕んでいる。そんな苦境を乗り越えるために、セーフティーネットとして存在する、「申請や相談をすればお金がもらえる制度」を活用することを検討してほしい。

 たとえば、定年後、再雇用で収入が減ったときに役立つのが「高年齢雇用継続基本給付金」だ。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが解説する。

「60才以降の賃金が60才時点の賃金に比べて75%未満になった場合などに、最大で賃金の15%までの給付金が受けられます。ハローワークなどで申請する必要がありますが、勤務先が行ってくれることが一般的です」(風呂内さん・以下同)

 定年後、新たな職を探している人は「高年齢求職者給付金」が頼りになる。

「65才以上で、退職までに雇用保険に半年以上加入しているなどの条件を満たせば、過去の賃金の5~8割に相当する基本手当を、最大50日分受け取れます。まずは管轄のハローワークに相談を」

 高齢化が進む日本では介護の問題も避けられない。家族の介護のため仕事を休んで収入が減った場合は、「介護休業給付」がある。2週間以上にわたって常時介護を必要とする家族を介護するため休業すると、休業開始時賃金日額の67%が休んだ期間などに応じて支払われるしくみだ。

「介護休業開始前の2年間に12か月以上の被保険者期間があることが原則ですが、それ以外でも要件が緩和されて、受給できるケースがあります。必要書類を揃えて勤め先に提出すれば、あとは勤務先がハローワークに手続きします」

 ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが続ける。

「介護分野のサポートは手厚く、自宅のリフォームや紙おむつの支給、補聴器の購入支援、介護タクシーの利用券などに補助金が出るケースがあります。あまり知られていない補助金もあるので、要介護者はケアマネジャーに相談してほしい」

※女性セブン2022年9月29日・10月6日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。