マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

マック、吉野家、はなまるうどん 「ワンコインで食事」をいつまでキープできるか

2022年10月6日 16:00 マネーポストWEB

150円に値上げされたマクドナルドのハンバーガー(同社提供。時事通信フォト)
150円に値上げされたマクドナルドのハンバーガー(同社提供。時事通信フォト)

 ファストフードの“安さ”の基準をどこに見出すか──。外食産業の値上げラッシュが続くなか、“安さ”を売りにしていたファストフード店も、その波に抗えないようだ。

 9月30日、日本マクドナルドが今年2回目の価格改定を行った。〈昨今の原材料価格の高騰や、人件費、物流費、エネルギーコストなどの上昇、および急激な為替変動の影響〉を受けたことが理由で、約6割のメニューについて10~30円値上げされた。

 値上げされた主なメニューは以下の通り。

・ハンバーガー 130円→150円(改定前税込価格→改定後税込価格、以下同)
・チーズバーガー 160円→180円
・てりやきマックバーガー 350円→370円
・ビッグマック 390円→410円
・マックフライポテト S:150円、M:280円、L:330円→S:160円、M:290円、L:340円
・マックシェイクSサイズ(バニラ・ストロベリー・チョコレート) 130→140円

『てりやきマックバーガー』単品は350円から370円に20円値上げ。ポテトMとドリンクMとのバリューセットなら670円
『てりやきマックバーガー』単品は350円から370円に20円値上げ。ポテトMとドリンクMとのバリューセットなら670円

 外食産業に詳しいライターの小浦大生氏は、“メニューのお得な選び方”について、こう話す。

「多くの主要メニューが値上げしていますが、『バーガー類単品+サイドメニュー+ドリンクM』の“バリューセット”は従来どおり『単品価格+300円』のままです。つまり、バーガー類の値上がりは単品価格として反映されますが、サイドメニューにポテトを選んだ場合はポテトの10円分の値上がりは反映されないということで、別々に頼むより“バリューセット”を選んだほうがお得だと言えますね。

 また、平日10時30分から14時までの“ひるマック”は『てりやきマックバーガー』『フィレオフィッシュ』『ビッグマック』のセットの価格据え置きです。お昼の時間帯なら、この3種類のセットを選ぶのがお得です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。