マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

複数の知人に1880万円貸した男性がたどり着いた「借金を頼んでくる人間は、人生には不必要」の境地

2022年11月5日 16:00 マネーポストWEB

借金を申し込む側にも事情があるのはわかるが…(イメージ)
借金を申し込む側にも事情があるのはわかるが…(イメージ)

 それまで良好だった人間関係を簡単に壊すもの──、それが「借金」である。「これまでにトータルで1880万円のカネを複数の知人に貸し、1040万円戻ってきた」と語る、ネットニュース編集者・中川淳一郎氏は、借金が人間関係を破壊することを実感しているという。最近も知人に借金を申し込まれたという中川氏が、借金と人間関係について考察する。

 * * *
 これまで私が借金を頼まれて、実際に貸した人間は8人います。そのうち7人とは縁が切れました。唯一、縁が切れていない人はキチンと40万円を返してくれた女性だけです。当時、彼女は同棲していた男性からDVを受けており、なんとか逃げようとしたのですが、引っ越し資金がないと私に泣きついてきたのです。

 彼女のことは信用していました。引っ越し代と引っ越し先の家賃代として、すぐにATMで40万円を下ろし、貸しました。以後、毎月2万円ずつ返済してくれて、無事完済。彼女とは今も仲良くしています。他にもきちんと返してくれた人間はいたものの、結果的に今では彼女以外の全員と縁が切れました。そして、私は人にカネは貸さないと決めました。

 こうした経験から思うに、「借金を頼んでくる人間は、人生には不必要な存在」と言えるのではないでしょうか。いや、というか私はそのように決めました。先日もある人から借金を頼まれたのですが、「オレはカネは貸さないことにしている」という普段通りの答えをして、拒否しました。

 窮状を聞いた時は一瞬、情も沸くのですが、借金を断った直後に、その人に依頼された仕事がキャンセルされるなどしたため、もうメールの返信はしないことにしました。縁を切ります。

 これまでに私に借金を申し込んできた人間は、10+α人いるわけですが、前述の1人の女性を除いて、本当に見事なまでにその後、縁が切れています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。