マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

政府が海外ゲーム会社の税逃れ対策に本腰 「日本のスマホゲーム復権」への期待も

2022年11月8日 15:00

海外勢の躍進が続いてきたスマホゲーム業界にとっても大きな転換点となるか(イメージ)
海外勢の躍進が続いてきたスマホゲーム業界にとっても大きな転換点となるか(イメージ)

 AppleやGoogleのアプリストアを介して、様々なスマホゲームが提供されている。プラットフォームからの配信によって、大小問わず、多国籍のゲーム事業者の参入が容易になった。その一方、税制面では、多くのゲーム事業者が国内拠点を有しておらず、税を徴収することが難しいという課題もある。そこで政府はAppleやGoogleなどを「ゲーム販売者」とみなし、消費税の納税義務を課すようルール整備を検討していることが報じられている。政府は2024年度以降の消費税法改正を視野に、いよいよ“海外ゲーム会社の税逃れ”対策に本腰を入れようとしているわけだが、この方針をスマホゲームユーザーたちはどう受け止めているのか。

“課金大国”日本は海外ゲーム会社にとって天国だった?

 IT企業に勤務する30代男性・Aさんは、税の取り立て強化に賛成の立場だ。むしろ、いまだに徴税できていない現実に呆れているという。

「正直、今まで徴収してなかったのかよ……というのが本音です。だって、日本市場では納税義務がないから、海外ゲーム会社は荒稼ぎ状態だったわけですよね? 基本的にはそのゲーム会社が納税すべきだとは思いますけど、AppleやGoogleが巨大プラットフォーマーとしての責任を果たすことも大切。Appleなんてアプリの売上から30%(小規模事業者は15%)の手数料を徴収しているわけですから、アプリを束ねる代表としてしっかり納税してほしい」(Aさん)

 Aさんは、日本が“ゲーム課金大国”である点にも注目する。実際、米調査会社のSensor Towerによると、App StoreとGoogle Playの国別支出額を調査した結果(2021年1月から9月まで)、2021年のスマホアプリ一人当たりの平均支出額は、約149ドルで日本が世界トップだった。

「そもそも日本人ユーザーには、課金する人が多いのだから、世界中のゲーム会社がターゲットするのも頷けます。しかも課税されないんだから、海外ゲーム会社からしたら、日本市場は天国みたいな環境ですよね」(Aさん)

 海外ゲーム会社が日本に進出したとしても、税金を逃れるケースがある。そもそも初めて日本に進出する海外事業者は、売上高が1000万円以下の場合、2年間は免税事業者として商品販売することができる(事業者免税点制度)。この制度を利用して、新規ゲームタイトル毎に別法人を創設して、事実上、何度も繰り返し免税事業者として販売するケースもあるという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。