マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「6万円の価値はあるのか?」PlayStation 5を2年越しでやっと買えたゲームファンの本音

2022年10月21日 16:00 マネーポストWEB

いまだに入手困難なことで話題の「PlayStation 5」(写真/AFP=時事)
いまだに入手困難なことで話題の「PlayStation 5」(写真/AFP=時事)

 2020年11月に発売されてから約2年が経とうとしている、家庭用ゲーム機『PlayStation 5』(以下、PS5)だが、今なお日本国内では入手しにくい状況が続いている。各量販店や通販サイトでは、不定期でPS5の予約抽選を実施しているが、抽選受付期間が数日と短いケースも多く、こまめに公式サイトなどをチェックしていないと、抽選すら受けられない状況だ。

 また、世界的な物価上昇や円安を受け、9月15日には価格を改定。ディスクドライブを搭載した通常版は、5万4978円から6万478円に、ディスクドライブを搭載しないデジタル・エディションは4万3978円から4万9478円に、それぞれ5500円値上げされた。値上げ前に購入する意思があったのに、買えないまま値上げを迎えた……などという購入希望者も少なくないようだ。

 一方で、ネット上では、PS5に対して〈プレイしたいタイトルが少ない〉などという意見も見受けられる。ゲーム事情に詳しいジャーナリストの藤井夏樹氏はこう話す。

「PS5が行き届いていないという状況もありますし、まだまだ『PlayStation 4』(以下、PS4)が現役のハードということもあり、PS5独占のタイトルはまだ少なく、PS4版とPS5版を同時にリリースするパターンが多い。また、PS5にはビッグタイトルが少なく、まだまだ“PS4で十分”というユーザーが多いのも事実です」

 では、実際にPS5を手に入れたゲームファンはどう感じているのか。本当に“PS4で十分”という感覚を抱いているのだろうか──。

Amazonから「招待メール」が来た!

 都内で一人暮らしをする会社員の竹内さん(仮名、30代男性、独身)は、ゲームが趣味だという。PlayStationの歴代ハードは、初代からPS4まですべて所有している。

「PS5については、発売直後から何度も抽選に参加していたし、店頭でゲリラ販売したことがある近所のレンタルビデオショップにも毎日のように足を運んでいました。でも、結局ずっと買えないままだったんです。そんななか、10月の上旬にAmazonでPS5通常版を購入できることになりました」(竹内さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。