ビジネス

急速に進む銀行の店舗削減 「1~2時間待ちは当たり前」と利用者から不満の声も

銀行窓口を利用したいという人も少なくないが…(イメージ)

銀行窓口を利用したいという人も少なくないが…(イメージ)

「銀行の店舗」が、街から次々と姿を消している。窓口でのサービスを頼りにする顧客から強い不満が聞こえてきた。いま銀行で何が起きているのか。【全3回の第1回】

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFG(3メガバンク)の2022年9月中間決算によると、3社の純利益の合計は1兆900億円。三菱UFJ傘下の米地銀売却に伴う損失処理(6000億円規模)などが響き、前年同期比3割減となった。

 米国の利上げ政策で債券価格が下落し、3社が持つ外国債券の含み損は約4兆円と、この半年で実に2.3倍に増えてもいる。

 市場環境が大きく変化するなか、3行は店舗の統廃合やIT化による業務の効率化を急ピッチで推進するが、その反面、利用者からは不満の声が上がっている。

 東京23区内のメガバンク支店を利用する60代男性はこう言う。

「口座を持つ支店が他店に統合され、これまで自宅から車で5分だったのが、30分以上かかるように。統合先の支店は先日駐車場が閉鎖されて停められなくなり、不便でしょうがない。同店は複数の支店が一緒にされたから窓口は常に大混雑。銀行が推奨する来店予約をしようにも、10日以上先まで埋まっていることもある。予約なしで行くと1~2時間待ちは当たり前。昔と違い、銀行に行くだけでくたくたに疲れてしまう」

 こうした店舗減少の流れは、メガバンクに限らない。全国銀行協会(全銀協)によると、メガバンクや地方銀行などの店舗数は、20年前(2001年3月末)の1万5301店から2022年3月末の1万3665店へと、約1割減った。

 今後も店舗のリストラは続く見通しで、三菱UFJは2017年度末に515店あった従来型の店舗を、2023年度末までに約320店に削減する計画を実行中だ。

 三井住友は2022年度末までに400以上ある店舗の4分の3を個人向けコンサルティングに特化した軽量店に転換する計画だ。また、みずほ銀行も、2017年3月末に約500あった国内拠点のうち130拠点を2024年度までに削減する。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。