ライフ

円安でも海外旅行をリーズナブルに楽しむ方法 予約の時期が大事、「船の旅」も狙い目

円安局面で海外旅行をお得に楽しむテクニックとは(イメージ)

円安局面で海外旅行をお得に楽しむテクニックとは(イメージ)

 急激な円安の影響もあり、来日する外国人観光客は順調に増えている。一方、年末年始の海外旅行を諦めた日本人は多い。旅行代理店大手のHISは、年末年始の海外旅行はコロナ禍前に比べて2割に留まりそうだと発表した。

「航空券代が以前の1.5倍で家族分となると厳しい」「円安で楽しめそうにないから海外旅行は諦めました」と悲鳴が聞こえてくる。

 円安に燃油サーチャージの高騰、便数の減少による影響もあり、確かに海外旅行は割高。それでも諦めるのはまだ早い。物価が安い国であれば、円安下でも楽しめるとトラベルライター・SHIORIさんは言う。

「韓国や台湾、タイ、フィリピンなどアジア圏の国々なら物価が安く、円安でも手頃な価格帯です。距離的にも欧米より近いので、航空券代も安い」(SHIORIさん)

 観光業界専門紙『トラベルニュースat』編集長の富本一幸さんも東南アジアを推す。

「特にベトナムやマレーシアは日本に比べて物価が4分の1ほどと割安です。ゴルフをする人ならタイがおすすめ。快適なゴルフ場が多くプレーフィーも日本に比べて安価です」(富本さん)

 意外な狙い目が船の旅だ。

「コロナの水際対策緩和を受け、韓国への航路が再開されています。需要喚起のために運賃が下げられ、通常運賃の4割引きキャンペーンが展開されているのでお得です」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。