ライフ

離婚をめぐる調停や裁判 相手の不貞やDVを証明するためにできること

相手の不貞やDVを立証するために必要なことは(イメージ)

相手の不貞やDVを立証するために必要なことは(イメージ)

 離婚には「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「離婚裁判」の4つの種類がある。日本の離婚の9割は協議離婚で、夫婦が話し合いの上で合意し、役所に離婚届を提出する。どちらか一方が離婚を拒否して協議離婚が成立しなかった場合は、調停か審判、裁判になり、司法の手を借りることになる。

 民法上認められる離婚の条件は、【1】肉体関係を伴う浮気、すなわち「不貞行為」、【2】勝手に出ていって生活費を渡さないといった「悪意の遺棄」。【3】「3年以上の生死不明」。【4】「配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき」、【5】DVやモラハラなどの「婚姻を継続し難い重大な事由」だ。

 裁判所ですんなり離婚が認められるのは、不貞やDVなどがハッキリと立証できた場合だ。ベリーベスト法律事務所の弁護士・日原聡一郎さんが説明する。

「不貞とはすなわち“配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと”です。本人が不貞を否定している場合は、不倫相手とラブホテルに出入りする際の写真や、不倫相手との性行為中の写真、あるいは肉体関係があることを前提にしたLINEやメールのやりとりなどの証拠が必要です。“夫が女性と腕を組んで街を歩いているのを見た”“夫のシャツに口紅がついていた”といった程度では、立証できる証拠にはなりません」

 法廷で役立つ証拠の多くは、本人のスマホの中にあるということだ。スマホが普及する前は、mixiやFacebookが証拠になっていたが、肌身離さず持ち歩くスマホから、証拠になるものを見つけ出すのは困難だ。

「配偶者のスマホを勝手に見ると、プライバシーの侵害によって慰謝料や損害賠償責任が生じる可能性があります。しかし、実際に請求されたという話は聞いたことがない。それに、もし請求されたとしても、数万~数十万円ほどです」(日原さん・以下同)

 DVを受けた場合はすぐに医師の診察を受け、診断書をもらっておくことで証拠になる。日記も有効だが、それ単体での証拠能力は弱い。

「日記は、一方的に自分の認識を書き記しているだけとも取れるからです。日記だけでなく、医療機関での受診や行政への相談など、客観的な事実をつくっておくことが大切。調停や裁判になったときに受診や相談の記録があれば、日記の記述内容の裏づけにもなります」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。