家計

家族でできる冬の光熱費節約術 「1つの部屋に集まって過ごす」「続けて入浴する」も有効

家族のひと工夫が光熱費の節約につながる(写真:イメージマート)

家族のひと工夫が光熱費の節約につながる(写真:イメージマート)

 食料品や光熱費の値上がりが続くなか、日々の出費を抑えていく工夫が必要だ。冬場は、特にかさみがちな光熱費の節約が肝になる。政府は電気・ガス代の負担軽減策を講じるというが、どこまで有効かは見通しにくい。消費生活アドバイザーの丸山晴美氏は、光熱費節約には「暖房効率を上げることがポイント」だという。

「室内の暖かい空気を逃さないために、『厚手のカーテンに替える』『窓枠に隙間を塞ぐテープを貼る』『窓に梱包用のエアキャップを貼る』などの対策が有効です」(丸山氏、以下「 」内同)

 室内が寒い時はエアコンの設定温度を上げて対処しがちだが、真っ先に行なうのは得策ではない。

「家庭でもウォームビズが有効です。体感温度はカーディガンを1枚羽織るだけで2.5℃、靴下やスリッパを履くだけで0.6℃上がります。レッグウォーマーやネックウォーマーも効果的です」

 さらに、“ウォームシェア”の実践で節約効果はより高くできる。

「家族が1つの部屋に集まって暖房や照明を共有すれば、光熱費の節約に。室温は20℃、湿度は体感温度を高める40~60%が目安。エアコンの設定温度を22℃から2℃下げるだけで、暖房期間5.5か月の電気代は約4100円削減できます」

 入浴の仕方をひと工夫することでも節約になる。

「浴槽に蓋をして沸かす。そのうえで、(自動追い焚きを使わないよう)家族が続けて入浴すれば、年間4350円の節約になるとされます。また、お湯張りの量を20L減らすと、水道とガス代の合計で年間約3700円の節約が実現できます」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。