キャリア

就職・転職サイトのクチコミでわかった「年収1000万円超のホワイト企業」「ベテランが勧める企業」

社員のクチコミ評価が高い企業はどこか?(写真:イメージマート)

社員のクチコミ評価が高い企業はどこか?(写真:イメージマート)

 日本最大級の就職・転職サイトへの「クチコミ」投稿から、有名企業の“実態”と“本当の評価”が見えてくる──。ベストセラーになっている『1300万件のクチコミでわかった超優良企業』(東洋経済新報社)の著者で、転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」代表の大澤陽樹氏は、実際に投稿された「クチコミ」をもとに、様々な指標を設定して集計し、分析した。

 そうしたなかで、社員による職場環境に関する評価をもとに算出された「総合評価」では、世界的IT企業・グーグルの日本支社(グーグル合同会社・1位)や製薬大手の中外製薬(2位)、リクルート(3位)などが上位にランクインしている。大澤氏はこの「総合評価」に加えて、様々な指標ごとのランキングも作成。企業の特徴がより伝わってくる内容だ。

 例えば、グーグルやリクルートは、いずれも「退職者に愛される企業」でも上位だった。

「退職者のクチコミから、辞めてもなお愛される会社と、そうでない会社に二極化していることがわかります。その違いは、『退職者への企業の向き合い方』。愛される企業は、『次のステージに快く送り出してくれた』と退職者から感謝されている傾向がある」(大澤氏)

 一方、電通や博報堂など“激務”のイメージが強い広告代理店も、「以前と比較すると休みやすい」(電通)、「勤務時間の自由度が高く働きやすい」(博報堂)といった現在の“素顔”を垣間見ることができる。

「年収1000万円超のホワイト企業」で上位に入ったのが関西電力。給与面だけならより好待遇な企業もあるが、「ワーク・ライフ・バランス」の評価が高かったという。

「関西電力は1月24日時点で425人の方が投稿してくださっています。それによると、平均残業時間は27時間と普通ですが、有休消化率が82%と非常に高い」(大澤氏)

 また近年、各社がおしなべてアピールする「法令順守」だが、行動がどこまで伴っているかの一端がクチコミから窺い知れる。

「法令順守意識の高さでは、財閥系など大手グループを構成する企業が軒並み高いスコアでした。消費者金融アコムの社員は『MUFGグループになってからコンプラ順守の意識が高い』など企業風土の変化についてコメントしています」(大澤氏)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。