マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

不動産賃貸契約時に必ず読むべき「重要事項説明書」の中身

2017年2月19日 7:00

 契約当日、担当者から渡される契約書と重要事項説明書。その場で説明を受け、よくわからないまま判を押す…なんてことはあってはならない。

「大事な書類なので、事前に読んでおいた方がいいです。遅くとも契約する1日前にメールやFAXで送ってもらうようお願いしましょう」(長谷川さん)

 特に重要事項説明書は、文字通り、重要な事項が書かれている。耐震基準や、事故物件の情報が書かれているのもこの書類。自分が借りたい物件と内容に齟齬がないかをチェックしよう。

 不動産サポートオフィス代表の秋津智幸さんが説明する。

「鉄骨造りのマンションだと思っていたら木造アパートだったとか、ペット可と聞いていたのに不可だったとか、ケーブルテレビがついていると思ったらついていないなど、聞いていた話と説明書が全然違うことがあります。自分が契約しようとしている物件で間違いがなければ、判を押す。その場でやめることもできます」

 長谷川さんも注意を促す。

「重要事項説明書は、ある意味不動産業者を守る書類でもあるのです。判を押すと、後になって聞いていなかったと言っても、『書いてあるのを了解して押したでしょ?』と言われてしまう。読んでみてわからなければ遠慮なく質問してください」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。