マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

手軽でコストも安いAI投資は儲かるのか!?

2017年3月24日 12:00

みずほ銀行の資産運用ロボ「SMART FOLIO」を使ってみた!

 みずほ銀行の資産運用ロボ「SMART FOLIO」のデモ機能を使い、実際にポートフォリオを作ってみると─。

 設定は図の通り。7つの質問に答えると、7つの資産カテゴリーに分散されたポートフォリオが提案された。

【7つの質問と解答例】
「Q1:年齢⇒A:40歳」「Q2: 資産運用の目的⇒A:老後に備えた資産の運用」「Q3:現在の年収⇒A:800万円」

「Q4:次のうちいくつ理解しているか。
(1)金融商品のリスクとリターンの関係(2)中央銀行の政策が家計・企業に与える影響(3)諸外国の代表的な金融・経済指標などに基づいた世界経済の動向(4)金融商品(預貯金、投資信託、保険等)の基本的な内容および性質
⇒A:3個」

「Q5:経済の情勢の変化によって、運用資産に1か月で20%の損失が生じた場合、どうするか⇒A:一部の運用資産を売却する」

「Q6:下記グラフ画像は、100万円を1年間投資した場合の想定運用結果です。投資をするとしたら、どのポートフォリオに魅力を感じますか⇒A:83万円~125万円(画像の左から4番目のポートフォリオ)」

money-post2017-03-48-2

「Q7:積立投資をしますか⇒A:YES」

 そのポートフォリオで運用した場合、過去にどの程度の収益が得られたのかを示す「過去チャート」、将来、どの程度の成果が期待できるのかを示す「未来チャート」も表示されるので運用のイメージがつきやすい。

money-post2017-03-48-3+

 ポートフォリオが気に入れば、そのまま投信を購入することも可能だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。