マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

東京メトロ、メルカリ他、今年IPOが予想される有力企業11社

2017年3月14日 16:00

 ユー・エス・ジェイ以外の再上場組としては、回転寿司チェーン「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングス(2009年東証2部上場廃止)、ワークスアプリケーションズ(2011年ジャスダック上場廃止)、マクロミル(2014年東証1部上場廃止)などが予想される。

 新規でIPOが予想される企業では、まずSpiber(スパイバー)が注目される。「夢の繊維」といわれる人工クモ糸繊維を開発しており、スポーツメーカーのゴールドウインとの資本業務提携で実用化にも道筋をつけている。

 3月21日にマザーズ上場予定の博多ラーメン「一風堂」を展開する力の源ホールディングスも、海外へのグローバル展開で成長が期待される銘柄だ。

 モバイルスマートフォン関連のビジネスとしては、メルカリに注目。日米で展開するスマホを使ったフリーマーケットアプリは合計6000万ダウンロードを突破しており、上場の機は熟したと見ている。

 また、クラウドサービス関連では、クラウド会計ソフトでトップシェアのfreee、クラウド名刺管理ソフトサービスのSansan、仕事を依頼したい企業と受注したい個人をつなぐクラウドソーシングサービスのランサーズなども有力視される。

 こうした新規上場組は、再上場組と異なり、さらなる企業成長のための資金調達を目的とするIPOと考えられるので、株価上昇期待も大きいはずだ。今年もIPO銘柄には、たくさんの儲けのチャンスがあることは間違いない。

※マネーポスト2017年春号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。