マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

ペット保険の選び方 低額保険、「ペット保険証」の利用など

2017年6月4日 15:00

自己負担分だけ支払う「ペット保険証」の使い方

 一般的にペット保険の補償金は、一度動物病院の窓口で治療費を全額支払い、後からペット保険会社に請求して受け取る仕組みとなっている。

 しかし、手術や治療の内容によっては一時的でも高額な負担が必要となる場合があり、家計を圧迫してしまうこともある。「請求手続きが面倒」という声も少なくない。

「なかには、『ペット保険証』を発行し、最初から自己負担分だけの支払いで済む保険もあります。ただしこの『ペット保険証』は、加入する保険会社と提携した動物病院でなければ有効でないため、通っている動物病院が対象病院かどうかを確認してから加入すべきです」(前出・平野氏)

 愛犬・愛猫の“万が一”に備え、治療費負担で“ペット破産”しないために、ペット保険を賢く選ぶ飼い主でありたい。

※週刊ポスト2017年6月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。