マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FXで注目すべき最注目指標に変化? 正しいファンダメンタルズ分析の方法

2017年6月13日 19:00

 確かに、投機筋にも意地があり、発表された金曜のニューヨーククローズは、高くあるいは安く持っていくことはありますが、翌週そのまま意図した方向に相場が行かなければ、ポジション調整からの逆方向に相場は向かうことになります。

 最近の米雇用統計は、さらに状況が悪化しており、上にも下にも行ききれないとか、従来の失業率や非農業部門就業者数では素直に動かないからといって、平均時給や労働参加率まで持ち出してきており、個人的には、末期的症状だと思っています。

 言い換えれば、現在、米国は完全雇用にほぼ到達しており、雇用問題が大きな問題にはなっていないということだと思います。

次の最大注目指標は?

次に注目すべき経済指標は米国の貿易収支

次に注目すべき経済指標は米国の貿易収支

 それは、毎月の米貿易収支の発表が、注目されることになると見ています。

 トランプ大統領が、これだけ対米貿易黒字トップ4である、中国、日本、ドイツ、メキシコを名指しするほど、通商問題に重きを置いているためです。

 実は今から20年以上前まで、米貿易収支は月間最注目の指標であり、毎月の発表には世界中のマーケット参加者がディーリングルームで控えて、発表を待ったものです。

 いずれにしても、月間最注目の指標がスイッチすることは、十分考えられることだと思います。

 ただし、米雇用統計と同様に、投資家筋が一回だけの結果で方針を決めることはないでしょうし、指標発表時のマーケット参加者は、投機筋が中心になることは変わらないものと見ています。

 なにが、最注目の指標になったとしても、大事なことは、マーケットの大勢が指標になにを期待し、またどうなってはもらいたくないかを読み分けられる推理力を持つことです(2017年4月28日執筆)。

水上紀行 プロフィール

※マネーポスト2017年夏号

「FX」関連記事

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
[2019年最新]メキシコペソ円のスワップポイント比較

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。